恋多き女になるには:好きな人へアプローチしたわ - 男心や好意の心理

恋多き女になるには

恋多き女になるには

恋多き女になるには、とりあえず男性と付き合わないといけません。

 

男性とお付き合いをして、はじめて恋がはじまります。

 

 

その男性とお付き合いをするために一歩踏み出せる勇気があるか?

 

ここが恋多き女になるかどうかの違いがでてくるポイントになります。

恋多き女とは

 

恋多き女の特徴としては、男性からの誘いや告白をよく受け入れるというところがあります。

 

OKしやすいという意味ですね。

 

もちろん拒否することもありますが、比較的そのハードルが低いということです。

 

 

 

どこまで男性を受け入れるハードルを下げるか?は、慎重に判断しないといけないけど、「たいていのことならOKしちゃう♪」というのも恋多き女になるコツです。

 

 

例えば、男性からの食事の誘いをOKするかどうか?

 

どんな男性から?どのくらいの知り合いか?男友達?全く知らない人?などによって誘いをOKするかどうか判断が違うと思います。

 

さすがに”全く知らない男性”からの誘いは断って正解と思うけど、(^_^;)

 

男友達からの食事の誘いくらいはOKしてもよいと思います。(相手にもよるけど)

 

 

 

でも恋少なき女は、ここでもいろいろな理由で拒否します。

 

「ふたりきりはイヤ」

 

「彼氏以外と男性との食事はイヤ」

 

「なんか怖いからイヤ」

 

「タイプじゃないし・・・」

 

など。

 

 

もちろん危険を感じるような男性の誘いは断ってよいと思うけど、そこそこ会話ができる男友達の誘いならその時はタイプじゃなくても、その誘いにのっかってみると意外と話がはずんでお付き合いにつながっていくということもあります。

 

「タイプじゃないから」「彼氏じゃないから」と壁を作らずに、少しハードルを下げて男性からのアプローチを受け入れると恋愛の間口が広がります。

 

男性に対して警戒心をもつことは大切なことだけど、(ストーカーも多いし)あまり壁を高くしすぎると彼氏ができるチャンス、結婚できるチャンスを逃してしまうかもしれないですよ☆

 

 

失敗を恐れない

 

「この人と付き合ったら嫌な思いをするかもしれない・・・」

 

「傷つくかもしれない・・・」

 

 

そう思うこともあると思います。

 

もちろん誰でも嫌な思いはしたくないですし、傷つきたくもないと思います。

 

でも、恋愛をしているとそういうことがあるのはつきものです。

 

 

 

失敗を恐れていては恋愛はできません。

 

 

 

失敗してもその経験をカテに次によい恋愛、よい彼氏を見つければよいのです。

 

ストーカーになるような男と付き合っちゃだめだけど、ある程度「この人は変な人じゃない」と判断できる人なら、勇気を出しておもいきって一歩踏み出してみるとよい恋につながるかもしれないですよ♪

 

 

 

 

 

 

 

恋多き女とは、美人とか見た目がかわいいとか外見でモテるというのもあるけど、精神的な面も大きく関係します。

 

男性を受け入れるハードル。

 

あまりにも恋愛経験が少ない場合は、少し下げてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク


恋多き女になるには関連エントリー