職場の上司への好意サインの送り方:好きな人へアプローチしたわ - 男心や好意の心理

職場の上司への好意サインの送り方

職場の上司への好意サインの送り方

職場上司への好意サイン送り方には特に気を遣います。理由は社内でバレると困るからですよね?できれば、会社の人に気が付かれずに上司に好意のサインを送りたい。その気持ち、すごくよくわかります。あたしも経験ありますから^^;今回はそんな職場の上司に好意を持ったあなたに、周りの人に気付かれない、さりげない好意サインの送り方をご紹介します。

 

好きな人が同じ職場にいる場合にお勧めな好意のサインの送り方は、好きな人に”頼み事をする”です。同じ職場なので、仕事のサポートをお願いしたり、上司なら仕事の相談、アドバイスをいただくといことができると思います。コツとしては、1.会話する機会を増やすこと、2.頼ること、です。会話する機会が増えることで親密感が増します。自然と心の距離が縮まるのです。また、好きな男性を頼ることは、男性心理を優越感に浸らせることができます。男性心理は”頼られたい”、”人に頼られるほど、偉い存在でありたい”と思っているのです。男性を頼ることは、ある意味、男性を褒める”褒め言葉”と同じような効果があるのです。

 

また、よくある方法ですが、”視線”を使った好意サインの送り方も職場では効果があります。好きな人ができると無意識に目で追いかけたくなるものです。それだけでも構わないけど、もっと強い好意サインの送り方としては、相手の男性と視線が合ったら1.さっと目をそらす、2.笑顔で微笑む、の方法があります。このテクニックを上手に使えるとより強い好意サインになります。これで意識しない男はいません。

 

他にも職場の上司への好意サインの送り方として、飲み会の席で上司の隣の席に座ったり、ボディタッチする、などがあります。飲み会の席なら相手も少し気も緩んでいるので、職場より大胆なアプローチができますよ♪酔ったフリして甘えてみるのもOKだし、上司が一口つけたお酒をもらって間接キスしてみたり♪

 

上司と言っても中身は男です。男心をつかむアプローチをすれば、自然とそれが好意のサインになりますよ☆後で後悔しないように積極的にアピールしていきましょう!

 

あなたは職場の上司を口説けますか?

 

 

好きな人へアプローチしたわTOPへ戻る

スポンサーリンク