相手が自然に好意をもつテク:好きな人へアプローチしたわ - 男心や好意の心理

相手が自然に好意をもつテク

相手が自然に好意をもつテク

相手自然好意をもつテクがあるのを知っていますか?もしかしたら聞いてガッカリする恋愛テクかもしれないけれど、意識してするのとしないのとでは雲泥の差があります。告白すると振られたら嫌だから、それとなく好意を伝えたい方にお勧めの方法です。今回は、相手が自然に好意をもつテクをご紹介します。

 

なーんだ、とがっかりしないでほしいのですが、その恋愛テクとは”単純接触の原理”です。これはどういうことかを簡単に言うと、”接触回数が多ければ、多いほど、相手に好意をもつ”という心理法則です。つまり、相手に好意をもってもらう、振り向いてもらうためには、好きな人と何度も会えばよい!ということです。簡単でしょ?^^

 

恋愛心理学では、多く会う人に好意をもつ、という法則があることが証明されています。この場合の”好意”は”惚れる”まではいきません。”いい人”、”一緒にいて嫌ではない人”、”親近感がもてる人”くらいです。それでも、恋愛の第一段階は突破しているので、次のあなたのアプローチの仕方次第で相手の好意の気持ちをもっと強くすることができます。

 

 

接触回数を増やす方法は、何も会うだけではありません。電話やメール、手書きのお手紙でも、レッキとした接触回数1回でカウントできます。とにかく、何かにつけて好きな人と連絡をとるように心がけてみてください。会うだけでなく電話やメールをバランスよく使うことで、確実に相手はあなたに親近感をもつようにます。

 

ただ注意する点は、しつこさを相手に感じさせてはいけません。毎日連絡を取ろうとするのはやりすぎです。適度に間隔をあけて、自然な感じで接触回数を増やすようにしましょう。相手が重荷に感じたり、心理的負担を感じては意味がありません。接触回数を増やせば、相手が好意をもってくれる可能性は高くなるけど、やりすぎは禁物です。

 

今回は相手が自然に好意をもつテクとして”単純接触の原理”をご紹介しました。簡単すぎて評しぬけしてしまう方もいるかもしれないけど、試しに1度やってみてください。きっとよい結果がでると思いますよ。^^

 

あなたは好きな人と積極的にコンタクトをとろうと行動していますか?

 

 

好きな人へアプローチしたわTOPへ戻る

スポンサーリンク