失敗する告白のやり方:好きな人へアプローチしたわ - 男心や好意の心理

失敗する告白のやり方

失敗する告白のやり方

失敗する告白やり方をあなたはしていませんか?「好きになった人からの告白を待っていても仕方ない。最近は草食系男子も多いし、自分から行動しないとだめだわ!」この心がけは見事なものです。間違っていません。是非、積極的に恋をつかむために動いてください。婚活も流行っていますよね?でもだからと言って闇雲に好きな人に告白しても失敗に終わってしまいます。だって、男性があなたのことを好きとは限らないから。告白が失敗に終わると男性はあなたを今まで以上に敬遠します。そうなると悲しいですよね?自分の好意の気持ちだけで告白をしていては失敗します。では、失敗しない告白のやり方とは、どういう方法でしょうか?

 

まず告白というのは、相手の男性があなたに好意をもっていることを確信してからするものです。でないと失敗に終わることは目に見えています。中学生や高校生などの女なら誰でもいい!と思っている男子なら、いきなり告白して成功することもあるけど、社会人の男性ならいろいろなことを考えます。なので、好意のない女性からの告白を安易にOKしたりしないのです。

 

では、どうしたら告白を成功させることができるでしょうか?あなたに好意をもってもらうためには、まずあなたのよいところを知ってもらう必要があります。でも、いきなり「あたしはここがいいところです!」とアピールするわけにもいかないので、自然にアピールできるやり方をとります。それは友達になることです。

 

友達になれば、相手の男性も恋と意識せずに近づいてきてくれます。男性の本音としては、タイプじゃない女性にアプローチされると引きます。逃げます。隠れます。なので、好きな人にはタイプと思わせてからアプローチしないと失敗に終わるのです。

 

自然にあなたをアピールするには、友達になることが一番です。焦って告白しようとすると、あなたが男性の好みのタイプでない場合は、あっさり振られます。まずは、好きな人と友達になってあなたのよい一面をアピールし、好意をもってもらい、その後告白するというやり方をしましょう。その方がずっと告白の成功率も高いですよ!

 

あなたは間違った告白のやり方をしていませんか?

 

 

好きな人へアプローチしたわTOPへ戻る

スポンサーリンク