恋人と連絡を取る頻度:好きな人へアプローチしたわ - 男心や好意の心理

恋人と連絡を取る頻度

恋人と連絡を取る頻度

恋人連絡を取る頻度は、どれくらいが普通だと思いますか?よく「彼氏からの連絡が少ないから寂しい・・・。」という声を聞きます。でも、その連絡の頻度が一般的に少ないのか?多いのか?私のわがままなのか?我慢しすぎなのか?わからない!という人も多いと思います。そこで今回はそんな不安を取り除くために、恋人と連絡を取る頻度についてご紹介します。

 

ごく一般的には、最低でも毎日1通から2通のメールをしているカップルが多いです。電話の頻度は、カップルによって様々です。毎日彼氏から電話してくるというカップルもいれば、週に1、2回くらいしか電話では話さないというカップルもいます。会う時しか電話はしないというカップルもいます。会う頻度も最低週に1回というのが一般的です。遠距離恋愛の方は除きますが。

 

どちらかというと女性は毎日連絡を取りたい、男性は必要な時だけ連絡をとりたいと思っています。これはお付き合いの仕方に対する考え方の違いで、女性はメールや電話をコミュニケーションのツールとして使いたいという心理があるのに対し、男性は情報伝達(つまり用事があるときだけ)に使いたいと思っています。その男女の考え方の食い違いが、連絡を取る頻度に繁栄されているのです。

 

もし恋人からの連絡の頻度が少ないと感じるなら、思い切ってその気持ちを伝えましょう!男性心理としても悪気はないのです。”連絡は必要な時に取るべきもの”、”無駄なことはしない”という考えがあるから連絡しないだけで、あなたが連絡がほしいという必要性を感じれば、連絡をくれるます。(くれるはずです。)

 

その気持ちの伝え方としてのコツは、「メールちょうだい♪」「電話ちょうだい♪」というストレートに要求するよりも、「メールが来ないと寂しいな・・・」「電話が鳴らないと寂しいな・・・」というあなたの感情を伝えましょう。男心としては、要求されると強要されているみたいで”面倒くさい”という気持ちが起こります。男性心理は指図される、命令されることを嫌います。ここは感情に訴えて、同情されるようにもっていくことが得策です。

 

恋人と連絡を取る頻度に悩んでいるあなた。自分の気持ちを恋人に伝えてみてください。きっといい方向に向かうと思いますよ。勇気をもってくださいね☆

 

あなたは恋人と連絡を取る頻度に納得していますか?

 

 

好きな人へアプローチしたわTOPへ戻る

スポンサーリンク