どんな男性と結婚すべきか?:好きな人へアプローチしたわ - 男心や好意の心理

どんな男性と結婚すべきか?

どんな男性と結婚すべきか?

どんな男性結婚すべきかと考えたことはありますか?

 

結婚は残りの人生を共に助け合って生活していくものです。

 

たくさんの幸せを手に入れることができるけど、それと同時に困難な、苦しい時もあるでしょう。

 

そんな結婚生活を幸せに送れる男性とはどんな人でしょうか?

 

 

結婚したいと思う男性の条件はいろいろあります。

 

心が広い人、優しい、経済力がある、健康、人の話をちゃんと聞く人、ケチじゃない、将来性がある人など。

 

その中で今回は、”有言実行の人”と結婚することをお勧めします。

 

 

なぜどんな男性と結婚すべきかに”有言実行の人”を選ぶのか?というと、例えば、結婚後に旦那さんが突然こんなことを言い出したとします。

 

「俺、会社やめる。会社やめて職人になる。」

 

会社で何があったのかわかりません。人間関係でストレスを抱えている男性も多いです。でもあなたには小さな子供が2人います。ここで旦那さんが無職になり、今から手に職をつけるとなると時間がかかり、その間の収入がないのをどうするのかといろいろと不安になります。

 

そこであなたはこう言いました。

 

「やめるなんて何を言っているの!バカなこと言わないで!」

 

こう言えば、旦那さんとケンカになるのは目に見えています。夫婦仲も悪くなり、最悪、夫の失業をきっかけに離婚している人もたくさんいます。

 

これでは旦那から愛される奥さんとは言えません。

 

ここで大事なことは、旦那さんは「職人になる!」と言っているということです。

 

職人になって家族の生活を守る、と言っているわけです。

 

この言葉をあなたが信じられるかどうかで、その後の生活が変わってくるのではないでしょうか?

 

もし有言実行の男性と結婚したのなら、「この人は必ず目標を達成してくれる。」と信じられるでしょう。

 

旦那を信じて、黙って生活をやりくりしながら子供の面倒をみるでしょう。

 

でも、有言実行の男性でない人と結婚した、または有言実行の人かどうかわからないで結婚した、となると不安で仕方ないと思います。

 

旦那が「職人になる!」と言ってもふざけているとしか思えないからです。

 

有言実行の男性と結婚しないと窮地を乗り越えられないわけです。

 

有言実行する男性と結婚することは、二人の信頼関係にもつながってきます。

 

結婚する男性の条件に”有言実行の人”を付け加えてみてはいかがでしょうか?

 

 

好きな人へアプローチしたわTOPへ戻る

スポンサーリンク