腕力がある力の強い女が嫌いな男心:好きな人へアプローチしたわ - 男心や好意の心理

腕力がある力の強い女が嫌いな男心

腕力がある力の強い女が嫌いな男心

腕力がある力の強い女が嫌いな男心をご存知でしょうか?

 

腕力があるといろいろと便利ですよね。

 

重い物を持てたり、かたく閉まったビンの蓋を開けられたり、棚の上に置いてある重い物をひとりで降ろせたり。

 

力が強いと男の人を頼らなくても自分ひとりでできちゃいます。

 

ひとりでできちゃえば、時間の短縮にもなるし、いちいち悩まなくてもいいです。

 

と、一見都合のよいことのように思えますが、男心からすると女子力のない女に見えちゃうのですね・・・。

 

なぜか?

 

理由は、男心はか弱い女性が好きだからです。

 

なぜか弱い女性が好きかというと、男の”守ってあげたい”心理が働くからです。

 

「俺がいないとお前はだめだな♪」

 

「そういうことは俺に任せろ♪」

 

と、出番があるからなんです。

 

出番があることで、自分の存在価値や意味を確認できるというわけです。

 

でも逆に力の強い女だと・・・。

 

なんでも自分でできちゃうから男の出番がない(または減る)のです。

 

だから、”自分がいる必要がない = この女の子のそばに俺がいる必要はない”と思ってしまうわけです。

 

で、腕力の強い女はモテない、となってしまうのです。

 

 

では、一体どんな時に男の人は、女に対して腕力が強いイメージをもってしまうのでしょうか?

 

 

力が強いイメージをもつ女のしぐさ

 

  • ドアを力強くバタンッ!と閉める(ドアを閉める音が大きい)
  • 車のドアを力強く締める
  • 机の引き出しをバタン!と締める
  • 炭酸を入れて作ったお酒をものすごくぐるぐるかき混ぜる
  • ボウリングでストライクを出した時のハイタッチがやたら痛い
  • 重いダンボール箱を持つ時に股を開く

 

などなど。

 

人に迷惑をかけているわけじゃないけど、男の視線からすると力強い女と見られ、引かれているかもしれません。

 

か弱い女と思われるためには、これらの動作をする時は気をつけましょう〜(←結構私も無意識でやっていることが多い)

 

 

か弱い女性がモテる

 

女性はどちらかというと女子プロレスラーみたいな強い女より、か細い、すぐ折れる割り箸みたいな人がモテます。

 

男の人にモテるためには、そんなか弱い女性をアピールすることが大切です。

 

なので、そんなイメージを好きな人にもってもらうためには、迷わず男の人を頼りましょう!

 

男心としては、女性に頼ってほしいという心理があります。

 

男の人は頼られたいのです。

 

折角ですから、その心理を上手に利用しましょう♪

 

重い物を持たないといけない時は、男の人に甘えちゃえばいいんです。

 

素直にお願いしましょう♪

 

あとは、力強い行動は控えるようにしましょう。

 

大きな音がでるような動作は控えましょう。

 

これらのことを守れば、男の人もあなたのことをか弱い女のイメージをもってくれるでしょう☆

 

 

 

力が強い、腕力のある女性に見られないように気をつけてくださいね!

 

 

関連記事
男性に嫌われる態度

スポンサーリンク


腕力がある力の強い女が嫌いな男心関連エントリー